Steamアカウントの不正アクセスの正体を突き止めたよ

ちょうど年が明けた頃からSteamに悩まされていました。
正しいアカウントとパスワードでログインされたからこのガードコードを入力してね、というメールがくるようになったのです。
すなわちパスワードが割られているということであり、緊急事態であり、一刻も早くパスワードを変更する必要がありました。
それをみてすぐさま変更した。
ですが問題は終わらなかったのです。

……というのも。

そこから何度変えても同じメールが来るし、アクセスを試みるIPの国はほんと世界各国だし毎日くるしでしばらく放置していましたが、本当に毎日各国色んな所から不正アクセスを試みられて心穏やかではない日が続いていました。



その間に考えうる限りのセキュリティ対策を行いました。
PCはセキュリティソフトで連日くまなく監視の目を行き届かせ、Steamは利用できるセキュリティサービス全て使ってモバイル認証まで行うようにし、Steam側のパスワードも30桁に及ぶものを何度か変更し、使っているメールアドレスも変更して変更前と変更後のものにも二段階認証と30桁近いパスワードをかけ、それでもなおすり抜けてくる不正ログインメールに頭を悩ませていました。
そして最初にその手のメールが来てから半年ばかりがたった先日、気がついたのです。



Steamからくるメールの冒頭、
Dear (ユーザー名)
で記載されているユーザー名が微妙に違う。
メールアドレスも全て一箇所に転送されるようになっているので全く意識していませんでしたが、そのメールアドレスもよくよく確認したらなぜか変更前のアドレスから転送されてきている。
もしやと思い、変更前のアドレスと昔よく使っていたパスワードを入力してみるとサインインができてしまい、そのさきにはなにもないまっさらなアカウントがありました。
f:id:kawati:20180625040443p:plainf:id:kawati:20180625040455p:plain
一度たりとも使用した形跡もない。購入履歴もない。
ただ作成日は古く2008年。
そしてメインで使っているアカウント情報を確認してみると作成日は2012年。
つまりあれだ、むかーしむかし、どういう経緯かでアカウントを作るだけ作ったものの、使うことなく忘却の彼方へと忘れ去られ、四年後にXboxとかで使っていたゲーム用タグで改めてアカウントを作り、古い方はそのまま10年近く塩漬けにされた結果パスワードを割り出され毎日不正ログインの波にさらされることとなった……。



なるほどな……。そういうことか……それは……Steamサポートに聞いても何も解決しないわけだ……。敵は過去の自分だった。
さようなら古いアカウント……せっかくだしこいつもパスワードを30桁に変更した上でアカウントを爆破するぜ……。

キーボードを買ったよ

f:id:kawati:20180612153757j:plain
f:id:kawati:20180612153816j:plain

またキーボードを買いました。


Apple Magic Keyboardを買ったよ - gerori行為症候群

最後に買ってから約一年。あれだけ捨てて捨てて捨てて捨ててを繰り返して物は割と減らしてキーボードの数も若干数減らしたりしたくらいだったのに、蓋を開けてみたらこれ。
去年恐る恐る買って使い始めたApple Magic Ketboard。去年の購入時の記事でものすごーく懸念していた矢印キーでしたが、そういえばそんなことで悩んでたな…とそこで思い至るくらいもう馴染んでます。大勝利!
薄くて軽いのにすっかり馴染んでしまってもはや快適さすら覚えるレベルであったのは間違いありません。打鍵感に関してはやはり浅いもので完全に馴染んでしまっていますね。
意外となんというか…軽いという要素も今では気に入っているんですよね。慣れてみれば愛しいやつであることには代わりありません。


とまあそれはそれとして。
新しいキーボードを買ったというのに回顧ばかりしていても仕方ありません。
大体こういう購入記事は新しいキーボードになれるという要素ももちろん兼ねています。


そして新しいキーボード。LogicoolのK780。
Macで使うキーボードとしてだけ見れば変える理由はそれこそ本当にミリもないんですけど。
最近部屋の模様替えをしまして、Windowsの起動率が若干あがったんですよ。Steamのゲームもそうですし、何よりMacでタブをデタラメな数開いてそして動画再生もするとかいうズボラな使い方をしていたらMacがファンをぐぉんぐぉん回すようになってきまして。
これは……まずいというか単純に煩すぎる…ということで分業を考えて模様替えまでしてWindowsの起動率をあげたんですけども。
その結果として初めて27インチのモニタ縦置きにして使っています。全体を見ようとすると気持ち首が痛くなるような気がします。
起動率あげた以上色々操作もするんですけど、地味にキーボードが辛い。
当初は本当にゲームをする用にRealforceのキーボードをずっと置いてたんですが、あれ1kg以上あるし重いから出し入れも地味に手間なんですよね。メインで使ってるのならもちろん問題ないんでしょうけど。
そして今のトレンドというかメインで使ってるMagic Keyboardの薄い軽いの真逆を行く感じなのでなかなか親しみ切れず。
一時期愛用していたArk Keyboardは文字を打つにはいいし、ある意味持っているWindows用キーボードの中ではMagic Keyboardに一番近いんですが文字を打つことにしか特化していないのでゲームには不便。結局それらで運用しようと思うとキーボードをWindows側だけで2つ用意しなければいけなくなるので邪魔すぎる感じに。
そういう経緯を経て、キーボードかあ…と思っていたところに、ふと去年買って使っているLogicoolのハイエンドトラックボールマウスMX Ergoを思い出す。もちろん今も使っているんですが、これ、macWindowsの切り替えがものすごく自然にできるんですよね。
これくらい自然に切り替えできるもので共用のがあれば便利なんじゃないか…?
と思って調べたら今現在出てるのは二種類で、K780と今年出た超ハイエンドキーボードのCraft。Craftも良いキーボードではあるとは思いますが、一番のウリっぽいグリグリ回すやつが不要で、さらにフルキーボードはサイズ的にでかすぎる。
K780はテンキーついてて、しかも心底いらないタブレットスタンドがついてる上、そのせいで重量が数割増しになってましたが前者はハイエンド故にほとんど値崩れしておらず未だ二万円超えな一方、後者は当初は一万円超えだったものの流石にリリースが二年前なだけあるのかAmazonとかで六千円ちょい。まあ割とダメ元でチャレンジするにもいい感じだなと。


ということで、買っちった。


最初はペアリングにめちゃくちゃグダってしまい、まさかたかが無線とBluetooth接続だけにめちゃくちゃ時間とられましたが繋がってみればなるほど便利。ボタンひとつで手軽に切り替えられますし、上記の二種類の規格が混在にもかかわらずラグがほとんどないというMX Ergoで感じ取れた信頼を裏切らない出来。
しばらくはこれ一台に絞って使って慣れてみようかなと…。
打鍵感とかはMagic Keyboardに近く、キーの特殊配列はWinとMac両方の印字があって使いやすい。
ただ両対応の宿命か、一年間使い続けてきて完全に体の一部みたいに馴染んでしまったMagic Keyboadみたいに手癖で文字を打つので少しもたつきます…。
文字入力はいいんですけど、スペースキーが短いのでかな英数の切り替えをめちゃくちゃミスってます。この記事書いてて二回に一回は切り替え失敗しているレベルで紛らわしい。普段どれだけ手元見ずに売っているかが判りますね。
あと左のCommandキーが一個右にずれているせいでそれも紛らわしい。特に文字のコピペが…。

幸い、打鍵感も不満を覚えるレベルではないので紛らわしいを使って慣れていくことができればその時に真の恩恵に預かれる気がします。
でも間違いすぎて現時点ではMagic Keyboardに手を伸ばしたい気持ちでいっぱいです。
違うんだ、それじゃ意味がないんだ…。



あと地味なツッコミどころとか追加の感想的なものをいくつか。
キーボード認識してWindows側のFlow(設定ソフト)を触っていた時にデフォルトで振り分けされてるマイホームって言うショートカットキーがあったんですけど何だこれ…。
通常のホームボタンとも違うし、適当なタイミングでキーを押してもなんにも起きないし。ざっと見た範囲で確認できる範囲のマニュアルにも何の記載もない。
もっとこう…ピンチになったときとかに使わないと効果を発揮してくれないような類のキーなのだろうか…。
それとDUOLINKという機能。
キーボードをFlowに追加したらいつの間にかマウス側に生えてた機能なのですが、キーボードのファンクションキーを押しながら触ることで全く別の動作を全てのボタンに振り分けできるらしい。
大体こういう機能はこれをここに配置しとけばこうこうこういった風に使えてとても便利!って思って割と設定するんですが、一晩寝て起きると大体忘れてるのでほとんどそういう機能は使わなかったりします。
でも今回も使える! と思って設定だけはした。
設定して数日立って一度も使ってないから多分そのまま忘れていずれああそういえばこんなのあって設定してたな…って思い出すパターンのやつ。

払暁のシンギュラリティだよ



f:id:kawati:20180603231056j:plain
うちにもシンギュラリティの侵略を受けた形跡があるので、この際なので少しだけ書くことにしました。






Vtuber受肉RTA優勝筆頭候補であるマシーナリーとも子。
彼女の存在は人類の先にある第五次産業革命を予感させる。


未来から人類を根絶やしにするべくやってきた彼女だが、池袋晶葉という存在に出会って観察フェーズへと移行したために、現時点では肩に装備されたFFAR6連装ミサイルポッドとM203グレネードランチャーの砲身は未だ人類に向いてはいない。


そういう前提の元、彼女の潜伏先である池袋周辺で(池袋晶葉との関連は偶然と思われる)、秘境のような喫茶店を紹介したり池袋晶葉への造詣を深めたり、ギルティギアのラムレザル(良さしかない)について言及したり食事を作ったりする。
彼女の目的は池袋晶葉という存在をシンギュラリティに到達させるべく押し上げることから、彼女のファンは票田と呼ばれる。(池袋晶葉は主に投票で押し上がるから)



www.youtube.com
ところで17話でマーマイト使って料理してるんですよ。票田の誰かから貰ったらしくて。
マーマイトは食べたこと無いしあんまり食べてみたいとも思わないけれど、それでも去年プリンセス・プリンシパルでちせ殿が死ぬほど不味そうな顔してたし、臭豆腐とか外人にとっての納豆とか、そういう好き嫌いが分かれるような類のジャンルなんだろうなと思っていましたが、マシーナリーとも子はニクに塗って焼いて食べて活路を満たしていたので凄いと思いました。ただ単に好きだっただけなのかもしれません。

最初パンに塗ってる写真見たときはチョコレート塗ってるみたいで美味しそうかな? と言う感情も浮かばなくはなかったんですけどおおよそ期待される味が塩っけって言うだけで駄目。あの色は違うだろ。
ただ塩辛乗せて食べてる感じという表現聞くとどうにもうまそうには思えないんだよな…。

うまあじ派は塩気が効いていて美味しいというお上品な表現をするらしい。

そしてベジマイトという近いジャンルの製品があるという話も聞き、名前的にベジマイトは野菜成分主軸なのかと思えば特にそういうこともなく、どちらもビール酵母由来。
マーマイトはイギリス発祥で、ベジマイトはオーストラリア発祥という違いらしいものの、とはいえ味ももちろん全く同じというわけではなく、若干の味の違いはあるらしい。

あんまり自分の食生活では馴染みのない、それこそアニメでしか見たことのないようなアイテムだったので凄いな…と思ったという話でした。



そして最後に、もう少しだけマシーナリーとも子に話を戻そうと思う。

時折動画内でマウスのクリック音のようなものが聞こえると思う。
あれは人類がマニ車を沢山回したり池袋晶葉作品を作ったりすると貯まる徳がカウントされる音で、一定値貯まるとマシーナリーとも子の腕についている歯車がちょっと回る。
いわゆる世界終末時計のようなもので、完全に止まるとシンギュラリティの悪夢がやってくる。

ギィギィと言う椅子が軋むような不穏な音は通信音で、あの音がしている間は膨大な圧縮データを観察経過として未来へ送信して人類は新たなシンギュラリティを迎えるべきか否か可能性を選択させられているのだ。



私信:ハンバーガー氏のジャストディフェンス澤村絵も見たいので宜しくお伝え下さい。


これの企画用です。上に記載の設定は多分正しくないです。