f:id:kawati:20091021020531j:image:right
ペプシ小豆飲んだよ。ふたを少し捻って、抜ける炭酸に乗ったにおいが鼻をつき、僕は一度ふたをきつく閉めなおしました。
小豆というそのチョイスがまったくもってありえない感じですが、すでにしそとかきゅうりとか混ぜてはいけないを超越したコラボをしているので、さもありなんという気もします。
肝心の味はというと、うべえとなるような絶妙なまずさを期待していたのに、微妙ながらもそれなりに飲める味で、あ……うん、そうか、小豆、うん、そうだね……。そんな感じで終わらざるを得ませんでした。

広告を非表示にする