f:id:kawati:20090618000740j:image:right
今日は三本立てでお送りいたします。


けいおん! 十一話について少し。
くみちょうせんせいやいちせんせいが大絶賛していた回だったので、どんなじゃろかいと思って見ました。全然書いてませんでしたけど、今期は東のエデンけいおん!、咲を見てます。咲面白いです。マージャンは牌の絵くらいしかわかりませんけれども。
そんなことよりけいおんだよ!!! 律に感情移入しすぎでやばかったです……。
この拗ねっぷり! さりげなさを装って自分のほうを向いてもらおうと必死な様子! 明らかに差がある温度差に気づいていながらも、あえて明るく振舞おうとする様子! 律のウザさも、澪の意味不明なままわけのわからない突っかかられ方してぶっつんする様子も、判る分、心にくるものがー!!(あと周囲が無駄に気遣う流れも
どちらかというとぼくは律寄りです。受け入れられなくて、その居心地いい場所を放り投げるとか、どうしようもない心のやり場所をなくして探してみつからなーくーてー(ただの風邪です
個人的にはこの辺りがぐっさぐさきていたのですが、やっぱりその後もポイントですよね。
階段を上る足音、静かに交わされる声、「判るよ、澪の足音は」、「……怒ってない?」、「ねるまでそばにいてよぉ」
それから「ぜんくぁーい!」って言うのは、あれですよね、風邪はもちろん、心のもやもやも含めてのですよね。すべてがこう、うまい具合に、何とはなしにこじれても何とはなしに修復していくってのは、いいよね……! うん……


はやおき! はやおきについて少し。
珍しく早起きしておめめぱっちりな具合だったので、無印BGMを流しながら文を書いていたら、いつのまにかすいみん!に叩き落されていました。無印BGMは……癒されすぎる……。すき……。


あまとう! あまかったです。(どんどん書くのが面倒くさくなってきている様子が伺えます)

広告を非表示にする