嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸
凄い凄いと色々な所で書かれていたので気になって購入。期待していたくせに、一気に読まなかったせいで最後の叙述トリックで首を傾げて、今もって傾げっぱなしです。これはきちんと理解して読んだらSAWみたいなインパクトがあるんでしょうか。理解をぶん投げてネタバレ上等でネット書評を見てみたら、どうもトリック云々じゃなくて背景描写が注目されてる……?
みーくんの言葉遊びぶりにはパロディ含めて楽しめたし、まーちゃんの壊れっぷりも予想以上に壊れてて何も文句はありませんが、それにしてもどこで読み進め方を間違えたんだろう。

広告を非表示にする