読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wii Uを買ったよ

f:id:kawati:20150826034742j:plain
任天堂ハードは自分の趣向と合わないから買わない」
かつて猿のように銃から鉛を打ち出して敵を撃ち抜くのに無心だった僕。ナイフで首を狩ってタグを奪い取るのに執心していた僕。
サツバツとしたその世界に、任天堂ゲームの温度はぬる過ぎるぜとすら思ってました。


それも今は昔。
連日よく話すグループの人たちがわいわい遊んでいるのに拗ねたようにそっぽ向いているのもナンセンスだし、いっそ混ざるか…。
そう思って3DSを購入したのがおよそ一か月弱前。
存外に悪くないペースで触っていて(FEifは11章からすすめない)、スマブラも結構遊ぶし誘えばひょいと誰かしら来てくれるのでそういう環境はいいなと思います。
そして先日。
発売当初は自分も欲しかったものの、さすがに任天堂の据え置き機はないわ…ということで見送りしていたスプラトゥーン。
何度か配信でみているうちにふーんなるほどねこういうゲームねということで欲を飲み込んでいたつもりだったのですが、ブームが発売に三カ月程遅れて身内に飛び火。
本体を持っていた人が一人ソフトを買ったぜ、という話からもう一人買い、もう一人は事前に触って迷っていたこともありハードごと買い、三人。
そして一人は欲しくてたまらなくて地団太を踏んでいるものの、資金的に厳しいという理由で見送…らなかった。
「お前が買えばいいんだよ」
「えっ」
「そうしたら遊びに行くわ」
「でもうちにあるということは好きな時に好きなだけ遊ぶという選択肢はとれなくなりますよ」
「いいよ、今遊びたいんだ。俺も少しは出すから」
豪快な刹那的思考にくらくらしました。
そこまで言うなら、と自分も買うことに。


任天堂ハードはまっったく興味が無かったのでまるでハードに対する知識がなかったのですが、買って帰って開封して。
本体ちっさ!!
コントローラでっか!!
なんで手元のコントローラに画面ついてんの!?
ビックリしてあきれ返られることしきり。
そして初期設定をして、ゲームを…あれ…なんか…どよどよしてるよこのゲーム…?
これがスプラ……え、零? これあの…カメラで幽霊ぶっ殺すゲームの…零?
濡れシャツ描写やキャラの綺麗さに定評あるけど逆にそれが怖い感じの零?
ホラーゲームの!!???
「それは俺がやる」
「あ、そうでしたか…(安心)」
「じゃあ、やるから」
「はい」


(なんか暗い)(おんぼろの廃旅館)(怖い)(髪の毛の綺麗さが怖い)(なんか霊体っぽいのが漂ってる)(なんか暗い)(怖い)(振り向いたらいきなりおっさん(霊体)がいる)(暗い)(怖い)
ぎゃああああああああああああ怖いいいいいいいいいいいい

安心なんて出来る筈はなかったそうだよ今この場でやるんだから結局怖いじゃん!
いやいやいやいや怖くないしゲームだしこんな幽霊なんてこけおどし出しカメラさえあれば殴り殺せるし…。
バイオショックの時もそんな感じで最初滅茶苦茶怖がってたけど、後半になるとノリノリで銃ぶっぱなしてたしプラスミドでがんがん突き進んでたからな…。
でもガチホラーゲーなんて初めてだ…でも大丈夫だよ怖くないよ…。
すぐに安定してカメラで殴り殺せるようになるんだ…。

(主人公が振り返ったら幽霊のおねーさんが一瞬映る)
ぎゃあああああああああああああああああああああああああああああ

まじかよこのゲームありえないよなんでこんな山の中入るんだよ悪霊にとりつかれたボロ旅館しかないならもう焼き払ってくれよこんなとこ入りたくないよ…。
ゲームの一挙一動に虚勢で文句をつけながらやってますが、そんなものをあざ笑うかのように王道テンプレのようなホラーシチュを差し込んできて参るね、ほんと…。

(落ちているアイテム拾おうとしたら木の幹から人の手が生えて掴みかかってくる)
うわああああああああああああああああああああああああああああ

広告を非表示にする