物欲に懊悩したよ5

Retina iMac。そう、待望の、Retina iMacが出たので見てきたのです。
Retinaディスプレイというものがいかに綺麗であるかはiPhoneでも、iPadminiでも、MacbookProでも既によく判っています。Dellの27inchだって決して汚いとか見づらいとかそういうわけじゃない。
ただ、Retinaは別格です。
それで買ったところで何するのと言われても基本的にはインターネットなのであまりにもオーバースペックではあるのですが。
MacbookProでもさしたる不都合もなく何とかなっている状況で、パワフルなCPUとグラボというハイスペックは……win環境ではそうしていましたが、ゲームをするわけでもないMacでは果たして本当に必要なのか……別にある分にはいいんですけど、実質感覚的には超高級モニタ買うようなもんですからね。
今使っているマシンは13インチで、基本家で使うスタイルとしてはサブとして使うにしても少々小さすぎます。ほんとちょっとした情報を貼り付けておいたりするボード的な使い方しかしてない。ただ画面はほんとうに綺麗で見惚れます。
iMacは現行環境から鑑みると携帯性以外の面で全てにおいて上位互換なので(画面、処理、ストレージ、グラフィック……)、PCを家で使うことがメインである自分にとっては非常に魅力のある一品。
過去の懊悩した物欲と照らしあわせても、15インチRetinaの代替わりになり、ゲーム用には出来ないけどモニタ欲にも当てはまり(ただそもそもモニタとしての魅力が違うので比べるようなものではないのですが)、非常に……非常に悩ましい……。
メインディスプレイをRetina化できるという天秤に30万……。


ちなみに同時にmacminiもでましたが、あれは完全にもう眼中外でした。Retina液晶の虜でしたし、メモリ増設できず処理能力もさほどな伸びを見せなかったあれに戻る理由はもはやさほどありません。
ただこう言い切ってしまうことで去年買ったSSDは本当に日の目を見ることはなくなりました。そのうちwin環境自作で作ることがアレばそこで……。ケースとかもろもろの構成は8月に一応目処だけはつけたので。
ただwin環境自体がサブなのでなかなか手が伸びない。

広告を非表示にする