優柔不断の虫に逢ったよ

iPhone6が発表されました。
5にしてから二年経ち、買い替えを考えています。去年はあんまり魅力感じなかったなあ、どう書いてたかなあなんて思いながらログ見に行ったら触れてすらいなかったのでよほどどうとも思わなかったのかな。
6はさらに一回りサイズが大きくなるので、どうなるでしょうか。どんどん大きくなる。
plusは千円札や、板チョコの箱と同じくらいらしく、嘘だろ……ってなりつつも迷います。
あのサイズはあのサイズで魅力がないわけでないのですが、携帯として持ち歩くことと、横にしてメールの分割閲覧等のiPad系の動作ができるにしては小さく、iPhone系譜として考えるとやっぱり大きい印象。知り合いに5インチくらいのアンドロイドスマホを見せてもらいましたが、うわでかっという印象が先立ちました。
でもデカイサイズ持ってる人は全力ですすめてくるので慣れなのですかね。
どうせでかくなるのなら思い切ってどーんと行っちゃおうという人が周囲にも多いですし、ネット上で購入宣言している人もplusばかり多くて気になります。色々情報調べてたんですけど、探し方の問題という可能性ももちろんありますが私がplusを選んだ理由みたいな記事が多かった。
解像度やdpiがあがること、横向き表示、カメラへのこだわり、大は小を兼ねる、ファブレットを使ってみたかった等色々みました。
今の環境から比べると性能が順当に上がって、画面も少し大きくなるというのはkindle使う自分にとっては良いことだとは思うのですが、カメラがでっぱってるっていうのがとても気になる。別に薄くしなくてもよかったから、平面にしてほしかったなあ。傷がカメラ周りに集中しそう。
今回は少しケースも考えたほうがよさそうですね。(カメラのでっぱりを相殺させる意味でも

迷いながら買おうとしてる時分に、一括0円で5sとかのほうが絶対いいよとおすすめされて初めて一括0円とかそんな存在を知ったんですけど、そういうものもあるんですね。
新しい物好きとは相容れないやつだ……と思いつつ、本体代に5万とか払っていたのがまるっきり無料になるとかそういうのは確かに美味しいなあ。
あんまり携帯のプラン云々の話に馴染みがなく、その時その時の最新機種に適当に乗り換えていた身としてはその辺りの話聞けば聞くだけ沼のような印象を持ってしまいます。
まあiPhone6買おうって時に持ちだされても縁がないんだ……。


予約自体は4.7インチでしましたが、現物みて5.5インチが捨て切れなければ…その時は…。
物理キーボード大好き人間ではありますが、スマホ文化に触れてからはフリック入力も大好きなのでplusにすることで手に持った際の安定度が落ちるならば死活問題になります。
そう言う意味でも予約はしていてもplusの現物は見てみたいです。安定して使えるのか気になる。
大画面に強い憧れはあるのですが、それに乗った結果使用が辛くなってしまっては本末転倒な感じです。
iPhoneは片手間やちょっとした時に使うことが多いので、あまり両手で使ってきていないのです。横持ちなんてまずしないし。
とはいえ、plusにして慣れてしまえばそんなことも言わなくなるのかもしれませんが。
あとはバッテリーとかね。5から6でも増えはしますけど、plusの増量ぶりは半端ではない。6と6plusを比較しても目をみはるものがあります。
画面大きいしその分パワー使うのかな?と思ったりもしますけど、大元が違いすぎる…。公表値上でも大分長くなっているようですし。
4.7でもiPhone5からは一回りくらい大きくなるとはいえ、対立候補の比率が違いすぎて。6ならさほど違和感なく推移できるとは思うのですが、悪い言い方をすると新鮮味がない。
どうしようかなーでもなー。そうやって悩んでます。多分実機出て触っても悩んでるし、どっちかを選択して買ってもきっとしばらく後ろ髪引かれてる。一時間ごとくらいにこっちがいい、いやでもこっちも……みたいなことを繰り返しています。
優柔不断が自分の中でゆっくりとくつろぎ始めたような気分です。ここまでもやもや決まらないのも久しぶり。
ディスプレイ、本当に綺麗なので悩むんですよね。用途的にはplusだけど、持ち歩くなら無印。plusは持ち歩きすることを考えても多少歩み寄れる気がしますけど、逆はありえませんからね。

広告を非表示にする