f:id:kawati:20100310021138j:image:right
キーボード、キーボード、キーボード……そろそろmac用のから通常のwinキーボードに戻そうかとあれこれ探してました。(五枚目)
macキーボードは線が短く、PCから伸ばしてきたハブにつないでようやく届くくらいの感じだったために、もういっそ無線で繋いでしまおうと考えました。(macワイヤレスも検討したけど、winのはバリエーション豊富なので、どうしてもいいのなければにしようと
それで無線キーボードでぐぐり、一番最初に出てきたアークさんが存外にも良さそうだったので、んじゃこれにすんべやと軽い気持ちで店に見に行ったら、展示だけで在庫がなく、待つかどうしようかでも衝動買いしにきたんだし衝動買いしたいとうろうろしていたら、くりすてるさんを発見。ほう……ほほう……でも最初に見つけたやつもいいしな……と思いつつ他の店にいったらアークさんもあったので大いに悩む。
最初のアークさんは上が盛り上がってる設計と横幅の狭さが魅力……次のくりすてるさんはくりすたるこーちんぐがなんかかっこいい……。
更にはアークさんはアイソレーション方式で、くりすてるさんはテンキーもある。しかしアークさんはファンクションキーで行う動作が多く(めんどい)、くりすてるさんは指紋がすげえ残る……(多分)。
悩んだ結果まあそこまでこじんまりとしてなくてもいいかなという理由でくりすてるさんに。


あとついでにマウスも無線にするかと思い立ったけれどいいのが見つからずにとりあえず断念。家にあったなんか動きがカクカクする唯一のワイヤレスマウスを繋いでドライバ拾いなおしてみたらぬるぬる動いたのでまあこれでいいかな……。
というか調べてみたら、絶賛されるほどのものでもないけど、そこそこ使えるものだったようでした。これなんですけれども。電池二本いれるので重い、と見かけたれびゅーに書かれていましたけれど、軽すぎるのを敬遠して何も買わずに帰ってきたのでまともに動くようになった今では相性も悪くないのかもしれない……。



それで今くりすてるさん使用中なのですが、macキーボードから元に戻ったために若干操作にずれが生じるものの、まあいい感じです。打鍵はアークさんもくりすてるさんも同じパンタグラフなので変わらず。ただ……なんだろう、このくりすてるさん、認識はするんだけど1だけやたら重い。なんでだろう。111111111
まあしばらくは使って、そういう風が吹いたらアークさんなり別のも検討することにしようかと思うしだいです。
後ここまで来て気づいたけど、黒だから指紋目立つの当たり前で、白なりグレーなり(なかった)選べば良かったんや。このすごいいまさら感。

広告を非表示にする