f:id:kawati:20090604233740j:image:right
「このウルトラ微糖、ウルトラ微妙だな……」
ウルトラ微妙だった缶コーヒー、ウルトラ微糖を飲んで浮かんだ言葉を思わず口にしたら、それを聞かれてしまい、
「コーヒー好きなの?」
「ええ」
そんな会話が行われ、それきり恥を凌いだかに思えたら、あとで缶コーヒーのウルトラ微糖をいただきました。
「ありがとうございます、うふふ」
「いいんだよ、ははは」
飛び交う 笑顔

広告を非表示にする