f:id:kawati:20090225233709j:image:right
びっくり大遭遇! 町田の樹海で珍獣、足が折れた先生に遭う!
まあ物品譲渡の関係で呼んだんですけどね。
前回以上にだらけていた我々。僕は何も買いもしないのにハンズとドンキに足先生を連れまわしたりしてました。
足先生が「スタバなんて私知りません……!」と言うのでいいじゃねえかようと連れて行って、二人でシェイクみたいなの飲んでました。
足先生は一番でかいのを頼んで一気に飲もうとし、「寒い……」と呟いてました。ばかだー! こいつばかだー! 思うだけではなく、率直に「さては貴方馬鹿ですね?」と言ってみたところ、死ぬ直前のトキ(北斗の拳)のような顔でニコリ……と微笑み返してくれました。
そのあと晩飯だー、とパスタ屋に行ったのですが、時間的に早すぎたので、ドリンクバーだけ頼んでそこからひたすらだらだらすること二時間。ほとんど会話もなく、相手の存在などないかのようなくつろぎように、我々びっくりです。
足先生がご自分で頼まれたカルボナーラ大盛りを「これ無理……多すぎる」と呟いていたので、「食べられますよね?」と笑顔で聞いてみたところ、引きつり気味の笑顔でニコリ……と微笑み返してくれました。
でも一番びっくりしたのは、渡すものを渡した際に「えっ?」と言われたこと、つまり完全に目的を失念されておられたことです。先生……?


びっくり水滸伝! RPGで詰む!
まあ注意力が足りなかったんですけどね。
行けるようになった都市を全て回り、それでも物語はいっさい進まず、舐めんなクソがとDS(人に借りたやつ)を優しくベッドに叩きつけ、幻想水滸伝ティアクライス、完! そう思い込むことにしました。ちなみにラザの砦攻略第一回目前でした。
そこでむらのおねえさんシスカさんが城に来ていたことを思い出し、最後にシスカさんの棒読み臭のする声を聞こうと城を回り始め、広間に行ったら話が進みました。あれっ。
ヴァズロフ将軍格好いいですね。王道大好きなので、武人らしい武人は嫌いじゃない。むしろ好きです。
みんなマナリルがかわいいっていうけれど、ぼくはしすかおねえさんがすき。

広告を非表示にする