f:id:kawati:20090119030705j:image:right
画像は知人の家にいったらあった。僕が掘り出す前は靴下に埋もれてました。


バナーを頂きました。やったぜとばかりにランダム表示とかしてみようかなと洒落た行為に挑戦したら、一瞬でサイトが崩壊しました。タグの相性……?
さすがのぼくもサイトを犠牲にはできませんでした。
ランダムは諦めた。javaの記述自体がアレかと一瞬失礼にも思ったんですが、他のページで試したら特に問題なかったし、そもそも記述は余所からのコピペなので失敗もクソもないのでした。クソは……クソはわしやないか……!
温かみのある絵柄を、温かみとは無縁の意味不明な字面がいい感じに相殺しているようで、台無し感がこれでいいのかと良心に問いかけてくるようです。
イラストサイトじゃねーのかよと言うごもっともな苦情を予想してアバウトからリンク貼っておきました。ありがとうございました!



もっとポジティブに生きなよ、ね? と生き方を諭されるような日々ですが、ネガティブなりにポジティブとは何かと考えてみることにしました。最初にやることはといえば思考の丸投げ、ぐーぐる先生です。
Q:先生、ポジティブとは何です?
A:これかな……
それは名言集でした。ポジティブ思考の集大成がそこに集っており、僕に手を差し伸べてきます。
僕はそれをまるで本に出てくる、まったく感情移入のできない登場人物の言葉のように眺めておりました。
そしてその隣で輝いていたネガティブ名言集。心に染み込まぬポジティブな言葉を見届けた後で、それを見ると何と言うことでしょう。優しく、そっちは違うじゃないかと僕を精神の奈落へ導くようにやさしく手を引いてくれるではないですか。
というか一文目からネガティブ前提である時点でいけません。少しでもポジティブのようであると見せかける策は、余計なことを言わぬようにその口を閉ざして少しでも心を粉飾する、そう言った自重する心こそが大切に違いないと。
一度スイッチが入るとどうしようもないのがネガティブです。ポジティブかー……悩みなさそうだねーとか言われてみてー……。
最初はおねえちゃん論的なものを書いていたのですが、まだネガティブな文のほうがマシな程度には末期だった。よほど好きらしい。キモオタサイトらしくてそれもよかったかな……。

広告を非表示にする