f:id:kawati:20080403234243j:image:right
ジャンパーを観てきました。
ジャンプする、言い方を変えればテレポート、SF好きにはジョウントとなるジャンプですが、その能力を目一杯描いて、更に物語まで作っており素晴らしいとしかいいようがない。でもまあ素筋自体は真新しくなく、ラノベみたいなノリですが、それを描ききっているので動きのある良い作品になっているよう感じます。
能力をひとつに絞って徹底して、それに纏わる話を書いているので面白いのです。二回言いましたが、大事なことなんです。
物語でも主役が何人も居ると主軸がぶれて受け取る側もこんがらがってしまいます。テーマがいくつもあったら全体的に浅くなるのです。
ひとつ、最後は相棒を置き去りにしてその後が語られぬままEDでそれが気になりましたが、それ以外は上手い具合に「物語」としてまとまっていてとても良かったです。

広告を非表示にする