f:id:kawati:20080102202216j:image:rightあけましておめでとう。
年明け早々甲高い声の恐怖が居るディズニーシーに行ってきたのでその所見を詳述してお送りする予定でしたが、予定を変更して、お送りしません。要点にだけいくつか触れるに留めることにします。あまりにも面倒になってしまった。
心配性の僕としては混んでるといわれてコミケ並みの混雑を予想(行ったことないけど)していたのですがそれほどでもなかったことと、ディズニーの主があの甲高い声であることに対し、その相方が驚くほどにアニメ声、それも丸みのある甘ったるいもので、いわゆる超ぶりっこ声であったことに驚きを隠せませんでした。そして知人が「クソつまらねえ」と言っていた海底二万里に人待ちの短さに釣られて乗ったものの、短いという一点を除いては心躍るアトラクションだったことを渋い声のネモ船長のために触れておかねばなりません。最後にひとつあまり関係ないことを付け加えると、一月一日の午前という時間に国際展示場から三分くらいの有明ワシントンホテルに寄ったのですが、明らかにコミケ帰りと思わしき人の姿がちらほら。結構居たんだろうな。いやあビックサイトに至る道もすいてたすいてた。
それで本日の話ですが、何かパソコン的な福袋かパーツでも見て回るつもりで秋葉原に寄ってみたんですが、意外なほど興味をそそられませんでした。DVDメディア詰め合わせとか別にいらねえよ……。かと言って以前見たクレバリーのネタ福袋であるLANケーブル十セットみたいなものが欲しいか、と聞かれても少し逡巡したあげくふざけんなと首を横に振るでしょう。福袋が目に付いたらふらふら見に行っていたので、値段的にも妥当かなと思ってそもそも何の店これ、と見回してみたら目の前にオナホとかあって驚いた。何で年始早々オナホ買うんだよ。
そして何より惹かれたのがi podでした。touchに新nano、classic、shuffleと現物見たのは初めてだったので、うおーこれがあのtouchか! ナノ薄いーかわいーシャッフルちっけーと関心しどおしで、危うくtouchの購入に走るところでした。touchを購入しなかったのはただ単に三万七千円のそれを買うのに三万五千円ほど足りてなかったというその一事があったからにすぎません……ってあれ、何も買ってないのに二千円しかない……。どうやら年末散々使ったのに一切財布を見ていなかったせいらしいです。これはひどい。帰り際にドンキホーテにも寄って面白福袋でもあるかと覗いたんですが、ぱっと目に付いたのが3000円以上買った人対象のお菓子詰め合わせ福袋だったんでもうふてくされて帰ってきた。そもそもワクワク感が欲しかったのであって、欲しいモノというのは特にないのであった。

広告を非表示にする