ダイ・ダード4.0を観てきました。
ブルース・ウィリスの渋ちんは年食っても格好よかったです。
宣伝でよく流れていた、車でヘリを落とすところとか車サンドイッチのシーンとかも格好よかったけど、全体を通してみるとそれも経過の1シーンと言った感じに思えるほど終始面白かったです。戦闘機のところとかも好きだ。
マクレーン刑事の不死身っぷりは凄かったですけど、メイだかマイだか言うアジア系女の不死身っぷりも中々凄かったです。死んだけど。完全に死ぬまでに三回は死んでるよねというアクションっぷり。
アクションっぷりと言えば敵に雇われてた傭兵、ヘリから銃をガスガスぶっ放してた人の肉弾戦の強いの何の。他所の超人映画からゲストで来ましたというノリ。曲芸じみた動きしてました。メタルギアソリッドとかに居そう。
あとは序盤のやり取りとかが好きでした。
フィギュアをマクレーン刑事が手にとって、持ち主が、
「ああちょっと、それに触らない……」
「あ、もげた」
「……壊れてた方が価値が上がるんだ。ありがとうよ」
とかそんなの。

広告を非表示にする