手首にキスという仕草が非常に魅力的だと思うのですがいかがですか。
甲ではなく、腹の部分。自分の手首の腹に流し目でキスをする様とかもう艶やかというか淫猥というか蠱惑的というか。
手首の甲にキスと言いますと情欲的な色合いを持って見ることができますが、腹となるとまさか他人がするような場所でもありませんしどうとも分類しかねます。手首の甲にキスすることで欲情のキスとも申しますし、手首の腹へのキスはなんだ、誘惑のキスなのかしら。イメージ的にも自分で流し目とか書いてるしきっとそうなのでしょう。

ちなみに腹、まさに臍のある腹へのキスだとプーチンが少年にやってたシーンしか思い浮かびません。




コンビニに今日からマ王!のコミックスの2巻が置いてあったので読んでまいりました。何かタイトルが微妙に違ってた。
主人公は男で、異世界に紛れこんで魔王に祭り上げられるといった感じらしいのですが、設定の時点で婚約者とか記してあるすぐ上に三男とか書いててびっくりした。いきなりガチホモですよ。
だからといってうたわれのドリグラわぁい騒動に浸った僕が怯む訳もなく読んだのですが、過去何冊か読んだ本と似た腐女子の方々が好みそうな絵と展開でした。一番困ったのはもはや何の抵抗もないことです。名前が覚えにくいんだ…絵で見分けてた。
ありがちといえばありがちですけど面白かったですよ? オールナイトニッポンの宣伝の中にも顔を出しているあたり相当人気なのでしょう。


あとロトの紋章の新旧両方おいてあったのでそちらも読んできたのですが、旧版のおかっぱ拳闘士が素敵過ぎました。

広告を非表示にする